肌荒れにならない赤ちゃんにする!予防・対策方法あるの?

ABOUTこの記事をかいた人

当サイトへようこそ❢ 楽しい毎日を送れるように、考えています。 簡単に自己紹介をします。 【年齢】 50代 【性別】 女性 【職業】 花に囲まれています。 【趣味】 自然と動物観察

前回は、「赤ちゃんの肌荒れの原因」について話しました。
あなたの赤ちゃんの肌は大丈夫?
自己流でお手入れしていませんか?

自己流でも肌荒れが治っているのならいいですが、間違いだらけだと大変なことになりますよ!
肌荒れの跡が残ったり、アトピー性皮膚炎の引き金になってしまします。

今回は、「赤ちゃんの肌荒れの対策」を中心に簡単ケアについて話していきます。

是非、参考にしてください。

肌荒れの予防策

赤ちゃんの肌は、とても薄くて少しの刺激にも敏感に反応してします。

肌荒れの原因

生後2ヶ月頃まで→乳児脂漏性湿疹・皮膚の油成分が多い
2ヶ月を過ぎると、大人の約半分位まで油成分がなくなります。

皮脂がなくなる
・皮脂膜が十分に作られない。
・水分を保つことができない
・乾燥して肌荒れをおこす。

「赤ちゃんの肌荒れの種類と原因」について詳しく話していますので、参考にしてください。

肌荒れのできやすいところ

 

常に外気にさらされているので、寒い時期などはホッペが赤くなっている赤ちゃんを見かけると思います。
また「よだれ」「ミルク」「離乳食」で汚れやすいのでどうしても、肌荒れを起こしやすいです。
お尻
おしっこやウンチのアンモニア成分で肌荒れしやすくなります。
また、通気性が悪いオムツの中の「お尻」オムツのゴムがあたる「足の付け根」「ウエスト周り」も肌荒れしやすくなります。
クビレ部分
「手首」「足首」「肘・膝」「首回り」
赤ちゃんのクビレは、汗が溜まりやすく肌荒れします。

肌荒れには乾燥が対敵!

室内の湿度を50~60%に保つ

乾燥には、保湿が一番の予防策ですよ!
加湿器があるのであればいいのですが…なくても大丈夫!

乾燥を防ぐ方法
・濡れタオルや洗濯物を干す
・エアコン以外の暖房機器を使う(ホットカーペット、オイルヒーター、石油ストーブ)
・霧吹きをする(室内に)
・湯気の出る料理をする
・観葉植物をおく
・窓や床を水拭きをする
・おおきい器にお湯を入れてお(洗面器など)

まだ、動かないでベビーベットにいる赤ちゃんなら、あまり危険なものはないですね。
でも、あまり湿度を気にしすぎて過湿になると、部屋の中にカビが発生するので適度に換気をしてください。

プチ注意
ベビーベットの布団も出来れば1日1回は、干すかたたむか空気の入れ替えをしてください!特に敷布団!
赤ちゃんは、大人が思う以上に汗かきですから、すぐに布団とベットにカビが発生しますよ。

加湿器を使うなら、お手入れしないとダメです!
フィルターに水垢、カビが発生します。
そのまま使い続けると、悪臭と部屋中がカビだらけに…😢

簡単お手入れ
・1日1回タンクの水は取り替える
・2週間に1回はフィルターを水洗いする
水垢・カビがついてしまったら
台所用合成洗剤又はクエン酸でつけ置き洗いをします。
1.軽く水洗い
2.バケツなどに洗剤(クエン酸)をぬるま湯にとかし、部品を入れて2~3時間つける
3.汚れが落ちたのを確認したら、水道水でよく水洗いをする

毎日タンクの水を取り替えるだけで、水道水に含まれている塩素で1日は、除菌効果が保てます。

赤ちゃん肌荒れ対策

赤ちゃんの肌が荒れてしまったら…
ホッペや口の周りが赤くなってくると、痛々しいですよね。

そんな時は、優しく汚れを拭いて「保湿クリーム」を塗りましょう。

清潔と保湿

肌荒れ対策の基本!「清潔と保湿」
肌の汚れや刺激になるものを洗い流すことです。

まずは、お風呂に入りましょう。
出産した時に入院していた病院で指導があったと思います。
沐浴(もくよく)の仕方とか、オムツ交換の時のケアなど一通りの説明がありましたよね。
そのことを思い出しながら参考にしてください。

お風呂

温度は、温めの38°~39°
長湯はNG!
1ヶ月検診が終わったら一緒に入りましょう。

ちなみに、私の子どもは退院後すぐ位からお父さんと一緒に入っていました。
それでも大丈夫ですよ。
たまに手が滑って湯船に潜らせていました。(笑)

滑らせないためにも、大き目のガーゼ地の布で赤ちゃんの体を包んでお風呂に入るといいですよ。

ポイント
・肌に優しい泡タイプの洗浄剤
・ヘアーシャンプーとボディソープは別々に揃える
・「手」で洗う

頭の洗い方
体の10倍の皮脂腺があるので、他の部分より皮脂汚れが溜まります。

  • よく泡立て指の腹で優しく洗います。
  • すすぎは、弱めのシャワーでシャンプーの成分が残らないようにキチンと洗い流します。
  • 耳に水が入らないか気になるところですが、耳をふさぐと鼓膜に負担がかかるので、そのまま流しても大丈夫です。

体の洗い方
クビレの洗い残しに気をつけてください。

  • 頭同様泡立てて、手のひら全体で優しく洗います。
  • 首、お腹、背中、股の間、クビレ部分全てを洗います。
  • 弱めのシャワーで泡が残らないように、よく洗い流してください。

顔の洗い方
ボディソープで洗います。

  • こすらないで泡で包み込むように汚れを落とします。
  • 手で洗ってあげます。
  • Tゾーン、小鼻などは汚れが溜まりやすいので、しっかり洗いましょう。
  • 弱めのシャワーで思い切って顔にかけて洗い流します。

*赤ちゃんは、羊水の中にいたので、顔にかかっても大丈夫です。
*手で洗うのは、スポンジやガーゼでは赤ちゃんの皮膚には刺激が強すぎるので、手で優しく洗ってください。

保湿

タイミング
・朝顔を拭いた後
・汗やよだれを拭いたあと
・お風呂のあと
・オムツを取り替えた時
・お出かけする前

顔の塗り方

  • 保湿剤(クリーム状)を額、鼻の頭、頬に点々とつけて、円を描くように優しく塗ります。
  • 小鼻のわき、耳の裏にも塗ります。
  • 乾燥しやすい目の周り、口の周りにも塗ります。

体の塗り方

  • 体全体に保湿剤(クリーム状)をマッサージするように手のひらで塗ります。
  • クビレ部分、首、足のつけ根、脇の下など皮膚を伸ばしながら塗ります。
  • お尻は、オムツかぶれしやすいのでキチンと塗りましょう。

頭の塗り方

  • 頭皮は、べとつきのないローションタイプを使いましょう。
  • 髪の毛を分けながら、指の腹で優しく塗りましょう。

あせもやオムツかぶれにベビーパウダー

 

あせもやオムツがぶれは、赤ちゃんにはつきものです。
あなたも使ったことがあると思います。
「ベビーパウダー」

あせもやオムツがぶれの予防によく使われていますが、使い方を間違うと肌荒れを悪化させてしまいます。

ベビーパウダーの役割
・汗や余分な水分を蒸発させてくれる
・肌がこすれる部分の摩擦を防ぐ

ベビーパウダーのつけ方

①キレイの肌につける
 お風呂上りに体の水分の取ってから、保湿クリームを塗ってからあせもやオムツなど気になるところにつける。
②つけすぎない
 白さが残らないくらいに薄くつけます。
 クビレなどに白く残らないようにしましょう。
③パフはきれいに
 パフが汚れたら洗うか交換します。
 お尻用と分けて使いましょう。
④パタパタつけない
 パフで押さえるようにしてつけます。
 手にパウダーをつけて両手ですり合わせて、手のひらでつけるのもいいですよ。

オムツ交換の時に、お尻をの汚れを拭いておしりふきできれいにした後にも、お尻全体につけてください。
生後まもない赤ちゃんは、1日に何度もオムツ交換をします。
その度にキチンとケアしてあげないと、すぐに肌荒れをしてしまいますよ。
頑張ってください!

赤ちゃんが肌荒れになったら

どんなに予防してもやはり肌荒れは、避けて通れないところもあります。

色々試してみても良くならないときや、「どうしよう!」と迷った時は、生後1ヶ月以内なら出産した「産院」に相談してみてください。
診察してくれたり、アドバイスをしてくれますよ。

肌荒れだからといって、すぐに「皮膚科」はダメです。
まずは、「産院」「小児科」で診察を受けて下さいね。
大抵の肌荒れならみてくれます。

他には、住んでいる所の自治体で「子育て支援センター」(地域によっては名称が異なります)「保健センター」などに相談することをお勧めします。

電話でも大丈夫ですよ。

1人で悩まない!
初めての赤ちゃんの時は神経質になりがちです。
先輩ママに聞いてみたり、ご近所のおばちゃんに頼るのもいいですよ。
もちろん、あなたのお母さんに相談するのもいいでしょう。
 

まとめ

今回は、「赤ちゃんの肌荒れの対策」を中心に簡単ケアについて話してきました。

いかがでしたか?
少しは、参考になりましたか?

そして、「誰かに相談したくても誰もいない」そんな時は、コメントをください。

一人で悩まず、周りの人を頼ってくださいね。

あなたの大切な赤ちゃんが、いつもニコニコしていられるようにしてあげましょう。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

当サイトへようこそ❢ 楽しい毎日を送れるように、考えています。 簡単に自己紹介をします。 【年齢】 50代 【性別】 女性 【職業】 花に囲まれています。 【趣味】 自然と動物観察