赤ちゃんの肌荒れ・どのような種類`?どのような原因があるの?

ABOUTこの記事をかいた人

当サイトへようこそ❢ 楽しい毎日を送れるように、考えています。 簡単に自己紹介をします。 【年齢】 50代 【性別】 女性 【職業】 花に囲まれています。 【趣味】 自然と動物観察

赤ちゃんの肌って、スベスベで本当にきれいですよね!
思わず頬ずりしたくなります。

今回は、ふっくらモチモチしている赤ちゃんの肌について話していきたいと思います。
赤ちゃんの肌はとても綺麗で、とてもデリケートにできています。

そんなデリケートな赤ちゃんの肌は、つねにトラブルと隣り合わせなんですよ。
今回は、あなたの大切な赤ちゃんの「肌荒れの原因」について話していきたいと思います。

赤ちゃんの肌は大人と違うの?

そもそも肌についてあなたはどのくらい知ってますか?

肌とは、どんなもの?

肌はそもそも「臓器」なんですが、そういわれても何となくイメージができませんよね。

・保護機能→体の中の器官や臓器を守ってくれる
・温度調節機能→体温を一定に保つようにする
・知覚機能→痛い、冷たい、熱いなど感覚
・保湿機能→紫外線や乾燥など刺激に体内の水分を保つ
・免疫機能→細菌などを排除する
・経皮吸収機能→表皮や毛穴を通して薬剤を吸収する
このような大切な働きがあります。

普段触れている肌は、大人で約2mmです。
その2mmが、外側から「表皮」「真皮」「皮下組織」の3層からつくられています。
その皮膚の中に「血管」「リンパ管」「皮脂腺」「汗腺」で機能しているんですよ。
すごいことですよね!

このバランスが崩れると体調が悪くなったり、肌が荒れてしまいます。

あなたも経験ありませんか?
「胃」「腸」の調子が悪いと吹き出物ができたり、風邪をひいたときなどに「顔色が悪い」とか言われたことあるでしょう。
お医者さんも始めに見るのが「顔色」です。

赤ちゃんの肌の特徴

赤ちゃんの肌はどうなんでしょうか?

特徴⓵
赤ちゃんの肌は大人と比べると皮膚の厚さが1/2しかありません。
また、4ケ月を過ぎるころには、お母さんにもらった肌の免疫力がなくなって、大人の1/3位の厚さになってしまいます。
特徴②
赤ちゃんは大人の2~3倍の汗をかく
大人の体と同じ数の汗腺が小さい体にあるので、たくさんの汗をかきます。
特徴③
乾燥しやすい
生後2~3ヶ月ころまでは、お母さんのホルモンの影響で皮脂の分泌量がおおいので、それほどの乾燥肌ではないのですが、3ヶ月を過ぎるころから皮脂量が減少してカサカサ肌になってきます。

大きく分けてこの3個が、赤ちゃんの肌の特徴になります。

余談ですが、お母さんの免疫力は凄いです。
生まれたての赤ちゃんは、お母さんからの免疫でまもられていますが、成長するにしたがって徐々に自分で生きていく力を付けていくんですよ。

お母さんの免疫力とは?

お母さんからのプレゼント
お母さんのお腹の中にいる時は、無菌状態の中にいます。
お母さんの胎盤から栄養や免疫をもらって育っていきますよ。
生まれてから生後6ヶ月ころまでは、大きな病気にかからないのは、お母さんの免疫にまもられているからですね。
また、母乳で育てられた赤ちゃんは、感染症(インフルエンザ、肺炎、虫垂炎など)かかりにくいと言われています。
いつまでも続けばいい免疫ですが、6ヶ月頃になってくるとお母さんからもらった免疫、母乳に含まれている免疫も減ってきます。
しかしその頃には、赤ちゃん自身が少しずつ免疫をつくりはじめます。

赤ちゃんの肌荒れと原因

赤ちゃんの肌は薄くデリケートですよ!と、先ほどはなしました。
そのデリケートな赤ちゃんの肌にトラブルはないほうがいいですよね。

でもなかなか思うようにはいかないようです。

少なからず、トラブルはつきものです。
そんな時、どんな肌荒れがあって、その原因は何なのか?知っていれば少しは心強いですね。

乳児湿疹・症状と原因

「乳児湿疹」は病名ではありません。
赤ちゃんの肌によくできる湿疹のことをまとめて呼んでいます。

脂漏性湿疹
生後1~2週間頃から眉毛や頭皮、髪の生え際などに出てきます。
新生児の「ニキビ」のようなもので、痛みや痒みはありません。
この湿疹は、生後1ヶ月くらいを境に徐々になくなります。
生後2~3ヶ月頃までと言われています。
原因
お母さんのホルモンの影響で生後2~3ヶ月ころまでは、赤ちゃんの肌は皮脂の分泌が早く毛穴がつまりやすくなるので、皮脂腺に脂がたまり湿疹ができやすくなります。
乾燥性湿疹
生後3ヶ月を過ぎたころから肌が乾燥すると、頬や口の周りにカサカサとした赤くなる湿疹が出てきます。
かゆみをともないます。
原因
お母さんからのホルモンの影響が薄れて、皮膚の厚さも薄くなり肌の水分量を保つ機能が未熟なために乾燥しやすくなるからです。

あせも(汗疹)

あせも(汗疹)
汗腺がふさがり炎症を起こします。
首、手足のくびれや脇の下、背中やおしりなど汗の溜まりやすいところに、かゆみを伴う赤い湿疹ができます。
原因
汗腺の数は大人と同じくらいあるので、たくさんの汗をかきますが、自分で体の位置を変えることが出来ないので、汗が溜まりやすくなります。

オムツ皮膚炎(オムツかぶれ)

オムツかぶれ
お尻がただれて真っ赤になり、痛みを伴います。
悪化すると皮がむけて血がにじんだり、その傷から感染症にかかることもあります。
原因
「おしっこ」や「うんち」に含まれる「アンモニア」「酵素」などの刺激でかぶれます。
オムツの中は通気性が悪いので蒸れからのかぶれもおこります。

接触性皮膚炎

よだれかぶれ
よだれの刺激で口の周りが赤くなります。
原因
赤ちゃんは「よだれが上手に飲み込めない」「口を閉じられない」
よだれの刺激による接触性皮膚炎になります。
また、指しゃぶりや、コブシしゃぶりなどでよだれが口の周りによだれがつくことも原因になります。
食べ物によるかぶれ
よだれかぶれ同様に、ミルクや食べ物の刺激で口の周りが赤くなります。
原因
上手に飲み込むことが出来ないので、よだれ同様ミルクや離乳食が口の周りにつくことで炎症がおきます。

アトピー性皮膚炎

アトピー性皮膚炎
乳幼児のアトピー性皮炎と乳児湿疹を見分けるのは、症状が似ているので難しいところがあります。生後4ヶ月を過ぎても同じ部分ばかりに繰り返し湿疹ができる場合や、治りにくい湿疹が2ヶ月以上続くときは、アトピー性皮膚炎を疑ってみましょう。
原因
赤ちゃんのアトピー性皮膚炎のはっきりとした原因はわかっていません。
考えられるものとして
・ダニ
・ハウスダスト
・ペット
・汗やよだれ、食べこぼし(ミルクや離乳食)
などと言われています。

・痒みを伴うときの見分け方は、赤ちゃんがふとんに顔をこすりつけたり、抱っこした時にしきりに顔をこすりつけたりします。
・痛みを伴う場合は、機嫌が悪く、ぐずったり泣いたりする事が多くなります。

まとめ

いかがでしたか?
今回は、赤ちゃんの肌荒れについて話してきました。

可愛い赤ちゃんには、ニコニコしていてほしいですよね。
原因を知ることで、防ぐことができることも有ります。

それでも、完全に防げないことも、、、
一度荒れてしまった肌に対してどうすればいいのかは、たとえ親であってもとても難しいことだと思います。

そんな時は症状が酷くなってしまう前に専門のお医者様に診ていただくのが安心ですね。

忙しい日々を過ごし、なんだかバタバタと時間が過ぎていく日常の中で赤ちゃんはまさに天使のような存在ですよね♪

赤ちゃんの笑顔で今日も楽しい1日を送りましょう。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

当サイトへようこそ❢ 楽しい毎日を送れるように、考えています。 簡単に自己紹介をします。 【年齢】 50代 【性別】 女性 【職業】 花に囲まれています。 【趣味】 自然と動物観察